2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 養豚農家の経営要素 | トップページ | 畜産と食糧自給率 »

2012年7月15日 (日)

6次産業化とフランクフルト

昨日は昼から豊橋駅前で行われていたまちなかマルシェという地産地消イベントに行って来ました。

見に行ったわけではなく、お客様のGファームが出店されているので、そのお手伝いです。


Kimg0023


こういう出店の時、いつもはフランクフルトが中心なのですが今回はウズラ豚串なるものを販売していました。ウズラの周りに豚のバラ肉を巻き付けて焼いたものです。売っていて言うのもなんですが、美味しいです。ビールに非常に合います。


豚屋さんがこうい出店をしてフランクフルトを売ったりするのは、今流行の6次産業化とも言えるかと思います。6次産業化っていうのは、農林水産業(一次産業)の人が、製造(二次産業)や流通(三次産業)を行っていくというもので、1×2×3で6次産業と呼ばれています。

ただ、私が以前から思うのは、製造流通をやっている方がそんなに儲かっている訳ではないのに農業従事者が屋ったら儲かるのか・・という疑問です。以前、ネットで「6次産業化っていうのは新日鉄が車を作って売るようなものだ」と書いている人がいましたが、製造流通にも色々ノウハウが必要なのに農家が参入して簡単にできるわけではありません。むしろ、製造流通の人が農業参入する方がまだ容易かなと思います。

6次産業化が成功するとしたら、それは規格外品をうまく活用したりするなど一次産業のメリットを上手く行かした場合かなと思います。

特に、肉は6次産業化が難しいです。生産した豚を自分で肉にするわけにはいかないので(自分でと畜することは法で禁止されています)、必ずと畜場へ持ち込まなければ行けません。枝肉からパーツにするのもかなり熟練が要りますので、結局肉屋さんにお願いすることになってしまいます。
また、肉屋さんでもこれは同じ状況なのですが、パーツの量の調整が出てきます。売れ筋のバラ、ロースはいいのですが、売れ行きが悪いモモ、腕をどうやって安定的に販売するかが難しいです。売れ残ると安く販売せざる得なくなり、それが全体の足を引っ張ってしまいます。


一次産業の人って、「売る」って概念が無い人が多いのでそういう人たちが6次産業化に取り組むのは市場を見据えた生産につながって良いことだと思いますが、農水省の考えているような「6次産業化で日本の一次産業が飛躍してTPPが来てもばっちりOK(って考えているかはわかりませんがw)」みたいなのは幻想だと思いますね。


« 養豚農家の経営要素 | トップページ | 畜産と食糧自給率 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

養豚」カテゴリの記事

コメント

「6次産業化とフランクフルト」
小寺はかなり以前に食に関する経済の話を聞き。、また本を読んで農林漁業の収入は11兆で、食品産業全体のものが80町であるのにびっくりした。なんで生産に携わる人がこんなに貧困であらねばならないか!!!!
 けれども、そのお金にぶら下がっている人の数が違うのだと考えた。2次3次産業従事者の数は、生産者のそれよりも遙かに多いのだろうと。
それにしても何とかならないかと思っていたので、6次産業化はただ漠然と生産に携わっているだけの状態よりも2次3次にまで知恵を絞るのはとてもよいと思う。現に、小寺の周辺には、多くの若い人たちがITの技術を、各種経済技量を持って、1次産業に加わり始めている。そして地方への若者の回帰も少しずつではあるが増えている。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6次産業化とフランクフルト:

« 養豚農家の経営要素 | トップページ | 畜産と食糧自給率 »

環境テクシスWebサイト

フォト

facebook

Twitter

  • Twitterボタン
無料ブログはココログ