2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« ギ酸の危険性 | トップページ | リキッドフィーディングの打合せ »

2011年2月18日 (金)

梅酒の梅の実

 今日はやたらに風が強いですね。会社のあるあたりは年中風が強く、近くに風力発電もあります。今日は特に風が強いので飛んでいきそうなコンテナのふたを会社の中に入れておきました。プラスチックコンテナのふたは作りもよくないし、密閉もできないのですがとても高い。1m3のプラスチックコンテナだとふただけで1万円以上しますが、値段を言うとみんなびっくりするぐらいの作りの悪さです。その高い蓋が飛んでいったら目も当てられないので・・。

 今日は現場では梅酒の梅の破砕作業をしていました。梅酒の梅は全国的に処理に苦慮しているようですが、実は豚のエサにも使えます。さすがに種そのままだと噛めないので、破砕するわけです。ただ、思ったより固くて破砕に手間取り予想以上に時間がかかりました。スポットの仕事なので事前テストもあまりできず、危うく原価割れするところでした。食品残さは品目によって性状が全く異なりますし、同じものでも排出される食品工場によっても性状が変わることもあります。非常にやっかいですね。

破砕した後、豚が食べるときに種が気になるかなと心配でしたがすこし味見してみたところいい具合に細かく粉砕されていて非常に美味しい感じに仕上がっていました。二度破砕した甲斐があります。これなら大丈夫そうだと一安心です。

当社の扱っているエサの原料はホントに美味しそうなものが多いです。逆に、味見することに抵抗がないくらいのものでないと、よいエサにはなりません。美味しいエサは美味しい肉を作るわけです。

« ギ酸の危険性 | トップページ | リキッドフィーディングの打合せ »

食品リサイクル」カテゴリの記事

エコフィード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅酒の梅の実:

« ギ酸の危険性 | トップページ | リキッドフィーディングの打合せ »

環境テクシスWebサイト

フォト

facebook

Twitter

  • Twitterボタン
無料ブログはココログ